【カイロ時事】感染力の強い新型コロナウイルス変異種が英国など欧州を中心に流行している事態を受け、欧州と地理的に近く往来も多い中東各国でも国際航空便を制限する動きが広がっている。
 サウジアラビア政府は20日、「変異種の性質に関する医学情報が明らかになるまで」の対応として、全ての国際便の運航とサウジ国内への入国を1週間中断すると発表。状況に応じて1週間延長も検討する。さらに、変異種が確認された地域から今月8日以降に入国した人には自宅隔離などの感染抑止措置を義務付けた。
 クウェートも21日から1月1日まで全国際便の運航を止めるほか、オマーンは22日から陸海空の国境を1週間封鎖する。
 中東で最も新型コロナ感染死者が多いイランは、英国との航空便往来を2週間停止すると決めた。ヨルダンやモロッコも英国からの旅客機乗り入れを禁じた。AFP通信によると、トルコは英国のほかデンマークやオランダ、南アフリカなど変異種が確認された国々からの航空機乗り入れ停止を決定した。 (C)時事通信社