【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は21日、米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの条件付き販売承認を決定した。欧州医薬品庁(EMA)が同日、承認を勧告したことを踏まえた。
 フォンデアライエン欧州委員長は声明で、「このワクチンは全ての加盟国が同時に同じ条件で入手できる」と強調。27~29日にEUで一斉に接種を開始できると説明した。 (C)時事通信社