【ワシントン時事】バイデン次期米大統領(78)は21日、新型コロナウイルスワクチンの接種を公開で受けた。年明け以降、国民への接種が本格化するのを前に、安全性をアピールした。
 ライブ中継される中、地元デラウェア州の病院で米製薬大手ファイザー製ワクチンの投与を受けたバイデン氏は「国民は心の準備をすべきで、それを示すために接種を受けた。何も心配することはない」と述べた。 (C)時事通信社