【ビジネスワイヤ】ゲノムシーケンシング技術の米イルミナは、同社の新型コロナウイルス(ウイルス名はSARS-Cov-2)検査製品「Illumina・COVIDSeq」が、クラスIII体外診断用医薬品として日本で初めて承認されたと発表した。COVIDSeqは、ウイルスゲノムRNAの抽出から結果報告までの機能を備え、精度と感度に優れる。同社の次世代ゲノムシーケンス(NGS)システム「NovaSeq6000」とS4フローセルを使用した場合、1回のラン当たり最大3072検体を検査できる。必要に応じて規模拡大が可能。来年1月初旬の発売を目指す。(C)時事通信社