日本医師会(日医)の中川俊男会長は23日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に関し「(国民が)危機感、緊張感を取り戻さなければいけない。そのことが収束への突破口になるのではないか」と述べ、年末年始に向け警鐘を鳴らした。
 中川氏は、政府が仮に再び緊急事態宣言を行ったとしても、「第1波の頃のような効果を期待できないかもしれない」と国民の危機意識の薄さを指摘。感染抑制のため改めて行動の自粛を求めた。
 また年末年始は医療提供体制が通常と異なることから、「早めにかかりつけ医の連絡先や診療時間を確認してほしい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社