【ビジネスワイヤ】未対応医療ニーズに取り組む香港の製薬企業の知臨集団(NASDAQ:APM)は、黄色ブドウ球菌感染症の経口低分子治療薬候補「ALS-4」の臨床試験開始申請をカナダ公衆衛生庁に行ったと発表した。非抗生物質のALS-4は、宿主の免疫機能を活用して細菌の病原性を阻害する抗菌薬。カナダで実施する第1相試験では、健康なボランティアでALS-4の安全性、忍容性、薬物動態を評価する。(C)時事通信社