政府は25日、新型コロナウイルスの感染者の急増を踏まえ、医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している地域でコロナ患者を受け入れている医療機関への緊急支援を行うと発表した。重症患者向け病床1床当たり1500万円、重症以外の患者向け病床は同450万円などと設定し、確保病床数に応じ補助する。コロナ対応に当たる医療従事者の人件費などに充てられるようにし、病床と人員を確保する狙いだ。
 各都道府県が策定したコロナ対応の病床確保計画で感染状況が最も深刻な段階に達している場合や、受け入れ体制を強化する必要があると都道府県が判断した場合が対象となる。同日政府が支出を決定した予備費のうち、2693億円を医療機関支援に充てる方針で、全国で最大約2万8000床あるコロナ対応の病床を1.5倍まで増やせるようにする。 (C)時事通信社