【ビジネスワイヤ】点鼻スプレーの米クリアは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として点鼻スプレーを使用するように呼び掛ける指針の策定を米国疾病管理予防センターに請願したと発表した。請願者は点鼻スプレーを発明した医師らで、請願書は請願サイト(https://www.change.org/cdcguidance)にも掲載されている。策定を求める指針は、米国人が新型コロナ対策として点鼻スプレーを使用し、医師がそれを患者の治療に使用することを呼び掛ける内容。最近の研究によれば、キシリトールとグレープフルーツ種子抽出物を含む点鼻スプレーは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の鼻粘膜への接着をブロックする効果と死滅・非活性化効果を持つとみられる。(C)時事通信社