【ブリュッセルAFP時事】ベルギー北部モルにある高齢者施設で昨年12月、サンタクロースに扮(ふん)したボランティアの訪問を受けた後に新型コロナウイルスの集団感染が発生し、これまでに少なくとも26人の入居者が死亡した。ボランティアも訪問後に感染が判明したが、地元当局者によると、感染源だったかは定かでないという。
 この施設ではボランティアが昨年12月5日に来訪して以降、死者のほかに入居者85人とスタッフ40人が検査で陽性と判定された。集団感染前、施設には169人が入居していた。
 ベルギーは人口当たりのコロナ感染死者数が世界で最も多い国の一つで、死者数の半数以上に当たる約1万1000人が高齢者施設の入居者。 (C)時事通信社