新型コロナウイルス感染拡大で仕事が減るなどした生活困窮者らの救済のため、支援団体が1日、東京都千代田区の聖イグナチオ教会で食料の配布を行った。役所の窓口が閉まる年末年始に困窮者らへの支援が止まるのを防ぐ狙いで、生活面や労働面の相談会も開催した。3日も実施する。
 「大人食堂」と題し、約40団体が参加する「新型コロナ災害緊急アクション」が主催。路上生活者のほか、子ども連れの女性や外国人ら250人以上が訪れた。感染防止策として、ポタージュや肉味噌そぼろなど計15品は全て小分けにして提供。受け取った人は近くの土手に並べられたいすに座り、温かい料理に舌鼓を打っていた。 (C)時事通信社