国内で確認された新型コロナウイルス感染者は4日午前10時現在、クルーズ船の乗船者らを含め24万5936人で、前週より2万3828人増えた。増加人数が前週を上回るのは14週連続。死者は358人増え、累計3645人。昨年12月31日に過去最多の4520人の感染が確認されるなど、今月3日まで6日連続で3000人超の感染が判明している。
 都道府県別の累計感染者は、東京都の6万2590人が最多で、大阪府3万772人、神奈川県2万2480人と続く。このほか、1万人を超えたのは多い順に愛知(1万7108人)、埼玉(1万4937人)、北海道(1万3685人)、千葉(1万1683人)、兵庫(1万334人)の5道県。
 死者の累計は東京都632人、大阪府601人、北海道472人など、累計感染者が1万人超の8都道府県と福岡県で100人を超えている。 (C)時事通信社