東京都の小池百合子知事は4日、菅義偉首相が首都圏4都県を対象に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令の検討を表明したことについて「ポイントはスピードと実効性だ。1都3県として速やかに対応できるよう整えていきたい」と述べた。登庁時に記者団の取材に答えた。
 小池氏は、飲食店に対する営業時間短縮要請のさらなる拡大など政府から求められている措置に関し「1都3県で協力し、面的にも効果を持たせるために(対策を)行う」と語り、できるだけ実施内容を4都県でそろえたい考えを示した。その上で「しっかり国と連携しながら進めることがこれ以上の感染拡大を抑えることにつながる」と話した。 (C)時事通信社