【ビジネスワイヤ】韓国のバイオ製薬企業セルトリオン・グループは、同社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬候補「CT-P59」の条件付き製造販売承認(CMA)申請を韓国で行ったと発表した。モノクローナル抗体のCT-P59は、前臨床試験で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の量を100分の1に減らし、肺の炎症を低減した。グローバル第1相臨床試験では、軽度の患者で安全性と有効性の有望なデータが得られた。今後、米国で緊急使用許可(EUA)を、欧州でCMAを申請する計画。(C)時事通信社