国立感染症研究所は6日までに、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種について、空港検疫で確認された患者の検体から取り出して培養することに成功したと明らかにした。今後、感染の仕組みや病原性の解析、抗ウイルス薬などの研究に活用する方針。
 感染研などによると、変異種は従来のウイルスよりも感染しやすくなっていると考えられるが、重症化しやすいとのデータは確認されていない。
 変異種は欧米などで感染が拡大し、日本では6日時点で英国型を中心に25例が確認されている。 (C)時事通信社