日本医師会の中川俊男会長は6日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で政府が東京都と埼玉、千葉、神奈川3県への緊急事態宣言を7日に決める方針であることについて、「今後の状況次第では全国的な発令も考えなければならない」と述べた。医療現場では新型コロナ対応で通常医療との両立が困難になっていると指摘し、「現実は既に医療崩壊だ」と強い危機感を示した。 (C)時事通信社