【北京時事】中国外務省の華春瑩報道局長は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの発生源などを調べる調査団の中国入国が認められていないことに関して「調査団の具体的な日程は緊密に調整中だ」と述べた。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が中国の対応に「失望」を表明したことについては「当然、心情を理解できる」と語った。
 華氏は、日程が遅れている要因の一つに中国内の感染状況があると説明。「最近、中国本土で感染が散発的に起き、中国の防疫部門と専門家は全身全霊で対応に当たっている」と釈明し、早期の日程確定を目指していると強調した。 (C)時事通信社