三越伊勢丹ホールディングスは7日、首都圏6店舗で、閉店時間を午後7時に繰り上げると発表した。そごう・西武は首都圏8店舗で、同7時半に繰り上げる。新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、政府が4都県を対象に緊急事態宣言を再発令する見通しとなったため。期間は、三越伊勢丹が8日から当面の間とし、そごう・西武は同日から31日までを予定する。
 閉店時間を繰り上げるのは、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹立川店、三越恵比寿店(いずれも東京)と伊勢丹浦和店(さいたま市)。
 西武池袋本店、西武渋谷店(いずれも東京)、そごう横浜店、西武東戸塚S.C.(いずれも横浜市)、そごう千葉店(千葉市)、そごう大宮店(さいたま市)、西武所沢S.C.(埼玉県所沢市)、そごう川口店(埼玉県川口市)。
 両社各店のレストランフロアについては午後8時までの営業とするが、一部店舗では前倒しするケースもあるという。 (C)時事通信社