新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け、東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県に続き、大阪府も緊急事態宣言の発令を国に求める方向で調整に入った。府内の新規感染者数が連日最多を更新していることを踏まえた。京都、兵庫を含めた3府県での要請を検討しており、愛知県も国に発令を求めることを視野に入れている。
 大阪府の吉村洋文知事は7日、記者団に「大阪として緊急事態宣言の発令の要請をすべきではないか」と述べた。京都、兵庫両府県と足並みをそろえたい考えで、早ければ9日にも国に求める。これに関して、両府県は「要請を視野に入れるべき段階に来ている」(西脇隆俊京都府知事)、「検討しないといけない」(井戸敏三兵庫県知事)と同調する姿勢だ。
 愛知県の大村秀章知事も7日の記者会見で「国の宣言の対象に加えてもらうように要請することも視野に入れ、3連休の状況を注視したい」との考えを改めて示した。 (C)時事通信社