政府が新型コロナウイルス対策として1都3県に緊急事態宣言の発令を決めたことを受け、東京都の小池百合子知事は7日の記者会見で「一人ひとりの行動を変えていくことが命を守り未来を切り開くことにつながる」と述べ、都民に協力を呼び掛けた。
 都は、夜間の不要不急の外出自粛を求め、飲食店の営業時間短縮を要請するといった対策を通じ、感染拡大に歯止めをかけたい考えだ。小池氏は、ウイルスの変異種が確認されるなど収束に向けた難易度が上がっていると指摘した上で、「世界中が暗中模索で大変苦しい状況だが、ウイルスとの闘いを終わらせるためにできることをやっていく」との決意を示した。 (C)時事通信社