大阪府は8日午後、吉村洋文知事らが出席し、新型コロナウイルス対策本部会議を開いた。府は感染者の急増を受け、政府に緊急事態宣言の発令を求める方針を決める見通し。これに先立ち、京都府は対策本部で、大阪、兵庫両府県と連携して宣言発令の検討を要請する方針を決めた。西脇隆俊知事は「何とか府内の医療体制を守りたい」と強調した。
 兵庫県も同日中に対策本部で対応を検討することにしており、早ければ9日にも、3府県そろって宣言の対象地域の拡大を求める方針だ。 (C)時事通信社