政府は8日、新型コロナウイルス対策として、中国、韓国などとの間で実施している「ビジネストラック」による短期出張者らを含む全ての入国者、再入国者、帰国者を対象に水際対策を強化すると発表した。緊急事態宣言に伴う措置で、期間は宣言解除まで。
 具体的には、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めるとともに、入国時にPCR検査を実施する。日本人の帰国者や在留資格を持つ外国人らも対象となる。 (C)時事通信社