日本医師会(日医)の中川俊男会長は13日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、「強制力を持った行動制限の必要性も出てくるのではないか」と話し、国民に対して緊張感を持つよう改めて呼び掛けた。法整備の是非については具体的な言及を避けた。
 中川会長は、緊急事態宣言後の1都3県の状況に関し「残念ながら一部には、魔が差したように感染リスクの高い行動を取る人がいる」と批判。政府が同日に宣言の対象区域を拡大したことを踏まえ、「感染拡大の状況によっては全国的な発令も検討すべき情勢になっている」との考えを改めて示した。 (C)時事通信社