緊急事態宣言への追加が決まった大阪府の医療機関では、重症病床の運用率が高い状況が続く。関係者は「一喜一憂はしない」と宣言発令を冷静に受け止めた。
 一般診療を続けながら新型コロナウイルス重症患者を受け入れる大阪市の病院関係者は、昨年の宣言解除後も感染者数が増減を繰り返す現状に、「(宣言の効果に)期待して、一喜一憂したくない」と話す。患者が退院してもすぐに病床が埋まる状態が長期化する中、「要請があれば、なんとか頑張って患者を受け入れるだけだ」と淡々と語った。
 多数のコロナ患者が入院する同市の別の病院関係者も、「もっと早く宣言を出してほしかったという気持ちはあるが、もう行政の判断にどうこうと思うことはない」と冷静だ。クリスマスや年末年始、成人式など多くの人が集まりやすいイベントが終わったことには期待しており、「とにかく感染が収まってほしいだけだ」と言葉少なに話した。 (C)時事通信社