【ビジネスワイヤ】心臓弁治療用デバイスのイスラエル企業Pi-Cardiaは、同社の経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)向け心臓弁尖分割デバイス「ShortCut」による初の治療が成功したと発表した。ShortCutは、TAVR中の冠状動脈アクセスを実現し、冠状動脈閉塞(へいそく)を防ぐための初の専用デバイス。TAVRに先だって既存弁の弁尖を分割するために使用される。今回の手術はイスラエルの病院で実施された。(C)時事通信社