【北京時事】新型コロナウイルスの発生源を調べる世界保健機関(WHO)調査団が14日、湖北省武漢市に到着した。中国国営中央テレビが伝えた。調査団一行は中国の規定に従い2週間の隔離措置を受けた後、今月下旬から集団感染が最初に確認された海鮮市場などを調査する。
 調査団は国立感染症研究所の前田健・獣医科学部長を含む各国の専門家で構成。ただ、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は14日、一行15人のうち2人がシンガポールで、中国便の搭乗者に求められるコロナウイルスの抗体検査で陽性だったことを理由に搭乗を拒否され、入国できなかったと伝えた。中国外務省は同日の記者会見で、事実確認を避けた。
 調査団は、隔離期間中にオンライン形式で中国の専門家と意見交換した上で、2週間程度かけて現地調査に当たる。米国が発生源である可能性を指摘していた武漢ウイルス研究所での調査も焦点となりそうだ。 (C)時事通信社