大幸薬品は15日までに、二酸化塩素で空間に浮遊するウイルスや菌を除去する「クレベリン」の自社EC(電子商取引)限定商品を今春発売する方針を明らかにした。事業者向けECサイトを立ち上げ、サブスクリプション(定額制)で販売する。飲食店や企業を対象に業務用製品の販売拡大につなげる。 (C)時事通信社