【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は15日の記者会見で、新型コロナウイルスの発生源を調べる世界保健機関(WHO)調査団に関し、中国便に搭乗する前の抗体検査で陽性だった2人の入国を認めなかったことを確認した上で、このうち再検査で陰性となった英国人専門家の訪中を許可したことを明らかにした。残る1人はスーダン国籍の専門家で、再検査でも陽性だったという。
 2人を除く調査団一行13人は14日、シンガポールから湖北省武漢市に到着。市内のホテルで2週間の隔離後、現地調査を開始する予定。 (C)時事通信社