【ワシントン時事】バイデン次期米大統領は15日、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるため、民間企業に物資調達を促す「国防生産法」の発動などを盛り込んだ一連の対策を発表した。また、感染拡大防止に向け、連邦職員らにマスク着用を義務付ける大統領令を出す考えを明らかにした。
 疾病対策センター(CDC)によると、15日までに米国内で配布されたワクチンは約3100万回分で、うち1200万回分余りが接種された。政府計画から大幅に遅れており、バイデン氏はこれまでの取り組みが「悲惨な失敗だった」と批判。20日の就任から最初の100日間で、1億回の接種を目指す方針を重ねて強調した。 (C)時事通信社