神奈川県は18日、入院が必要と判断され、酸素吸入が必要な新型コロナウイルス感染者が搬送先確定まで一時滞在する応急施設「HOT(在宅酸素療法)センター」(仮称)を開設する方向で検討していると明らかにした。感染者の急増でコロナ専用病床が逼迫(ひっぱく)する中、宿泊施設や自宅で療養者が死亡した事例が起きたのを受けた措置。 (C)時事通信社