自民党は19日、新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に進めるため、プロジェクトチーム(PT)の設置を決めた。党コロナ対策本部長を務める下村博文政調会長が同日の本部で報告。座長には鴨下一郎元環境相が就く。下村氏は同日の政調審議会で「(接種が)遅くなって国民の不安を増長させることがあってはならない」と強調した。 (C)時事通信社