田村憲久厚生労働相は19日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの変異種への感染者が静岡県で確認されたことについて、「見つかったエリアでは全ての検体を地方衛生研究所に提出してもらい、どういう状況かしっかり調査する必要がある」と述べ、感染状況の確認に注力する方針を示した。
 今回の感染者は海外渡航歴がなく、日常生活の中でうつった「市中感染」の可能性がある。田村厚労相は、変異種であっても感染防止策は変わらないとし、マスク着用や手指のアルコール消毒などの徹底を求めた。 (C)時事通信社