【ビジネスワイヤ】ゲノムシーケンシング技術の米イルミナ(NASDAQ:ILMN)は、包括的ながん治療向けゲノムプロファイリング製品群「TruSight・Oncology」を拡大するための一連の提携を発表した。提携先と分野分野は、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(マイクロサテライト不安定性)、クラ・オンコロジー(頭頚部扁平(へんぺい)上皮細胞がん)、ミリアド・ジェネティクス(相同組み換え修復欠損)、メルク(相同組み換え修復欠損)。同製品群には腫瘍バイオマーカーを同定するための「TruSight・Oncology・500」(TSO・500)などがある。提携ではTSO・500アッセイを活用してコンパニオン診断製品を開発していく。(C)時事通信社