【北京時事】中国外務省の華春瑩報道局長は19日の記者会見で、世界保健機関(WHO)や国際社会の新型コロナウイルス対応を検証する独立調査パネル(委員会)の報告書が中国の初動の遅れを指摘したことに対し、「中国は機を捉えて迅速に決断し、果断に対策を立てた」などと反論した。
 華氏は「中国は(感染者の)早期発見、早期報告、早期隔離、早期治療を堅持し、疫病との闘いのため時間を稼ぎ、感染や死亡を減少させた」と主張。対中批判の高まりを念頭に「(ウイルスの)発生源問題の政治化に断固反対する。国際社会の団結や協力に役立たないからだ」と訴えた。 (C)時事通信社