政府は20日の持ち回り閣議で、自民党の小林史明衆院議員を河野太郎規制改革担当相の大臣補佐官に起用することを決めた。河野氏は新型コロナウイルスのワクチン接種の総合調整を担当しており、岡田直樹官房副長官は記者会見で「省庁の縦割りを排し、迅速に政策を企画・立案するサポートをしてもらう」と語った。 (C)時事通信社