日本医師会(日医)と日本病院会、全国自治体病院協議会など病院団体は20日、新型コロナウイルスに対応する病床確保に向けた対策会議の初会合を開いた。感染者の急増により医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している状況を踏まえたもので、各団体が協力して確保に努力する方針で一致。具体策は引き続き検討する。
 日医の中川俊男会長は会議で「(病院団体と)強い危機感と緊張感を共有しながら、病床確保に向けた方策を協議したい」と述べた。感染した患者への対応が難しい中小の医療機関の役割として、コロナから回復した後も引き続き入院が必要と診断された人を受け入れ、感染者に対応する他の病院を支えることなどを検討する。 (C)時事通信社