政府は21日の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)で、新型コロナウイルス感染急拡大に対応した医療提供体制の強化策を議論した。あいさつした菅首相は「より幅広い病院に新型コロナ患者を受け入れていただく必要がある」と表明。その上で、受け入れ病院に補助金を支給し、病床を確保していくと強調した。
 感染者の急増で医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している。菅首相は「わが国は人口当たりの病床数が他の国に比べて多い」と指摘した。その上で新型コロナ患者用の病床を新たに確保するため、1床当たり最大1950万円を助成する措置を講じたことを説明。「こうしたインセンティブ(手当)を使って国と自治体が連携して病床を確保していく」と語った。 (C)時事通信社