世界的な音楽家の坂本龍一さん(69)が21日、昨年、直腸がんと診断されたことを公式サイトなどで公表した。今月に手術をして成功し、現在は入院治療中という。坂本さんは2014年に中咽頭がんを患い、治療で寛解していた。
 坂本さんは「出来る範囲で仕事を続けていくつもりです。これからは『がんと生きる』ことになります。もう少しだけ音楽を作りたいと思っていますので、みなさまに見守っていただけたら幸です」とコメントしている。 (C)時事通信社