【ロンドン時事】ジョンソン英首相は22日の記者会見で、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種について、「感染力が強いだけでなく、より高い死亡率に関連している可能性を示す証拠がある」と発表した。英国型の変異種は日本でも静岡や東京で市中感染が疑われる事例が確認されており、社会的懸念が一段と強まりそうだ。
 会見に同席したパトリック・バランス首席科学顧問によると、従来種による60歳の感染者1000人当たりの死者は約10人だったが、変異種ではこれが約13人に増えた。従来種よりも死亡率が約3割高い計算になるが、「これらの数値には不確実な点も多く、さらなる作業が必要だ」としている。
 この変異種は感染力も従来種より30~70%強いとされる。既に日本を含む50カ国・地域以上で検出されている。ジョンソン氏は「変異種による影響で、医療体制が逼迫(ひっぱく)している」として警戒を呼び掛けた。
 臨床データを分析した結果、この変異種には米製薬大手ファイザーと英製薬大手アストラゼネカのワクチンが有効だとも発表した。一方、南アフリカとブラジルで流行している別の変異種に関しては、「ワクチンの影響を受けにくい特徴を持っており、注意深く研究する必要がある」(バランス氏)という。
 英国ではイングランド全域で3度目のロックダウン(都市封鎖)を実施しているが、新規感染者が高止まりしているほか、1日の死者数も20日に過去最多の1820人を記録した。 (C)時事通信社