【ワシントン時事】バイデン米大統領は22日、新型コロナウイルスによる米国内の死者数について「(現在の)40万人が、60万人をはるかに超える(まで増える)と予想される」と述べた。新型コロナ禍の経済対策に関する大統領令署名の際、記者団に語った。
 バイデン氏はコロナ禍に伴う経済苦境で「家族は飢え、人々は(家賃未払いで)立ち退きのリスクに直面し、失業が再び増えている」と指摘。「われわれは行動する必要がある」と述べ、対策を早急に実行する必要性を訴えた。 (C)時事通信社