【サンパウロ時事】メキシコのロペスオブラドール大統領(67)は24日、新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。症状は軽いという。人口が日本とほぼ同規模のメキシコでは、累計176万3219人が感染、14万9614人が死亡。死者数は米国、ブラジル、インドに次いで世界で4番目に多い。
 ロペスオブラドール氏は「残念ながら新型コロナに感染した。軽症だが治療を受けている。私は楽観的だ」と説明。職務を継続する意向を示した。
 感染拡大が深刻化している中南米では、これまでブラジルのボルソナロ大統領ら複数の首脳が感染したが、既に回復している。 (C)時事通信社