国内では26日、新たに3853人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1日当たりの感染者数は2日ぶりに3000人を超えたが、1週間前の19日(約5300人)と比べて大幅に減少した。死者は大阪府で14人、東京都と神奈川県で各13人など全国で104人増えた。
 厚生労働省によると、26日午前0時時点の重症者は前日比21人減の996人だった。1000人を下回るのは18日以来。
 東京都の新規感染者は1026人で、3日ぶりに1000人を超えた。都によると、年代別の感染者は20代の189人が最も多く、30代164人、40代145人、50代142人など。65歳以上は270人。都の基準による重症者は148人で、前日と同じだった。
 愛知県は215人で、200人を超えるのは3日ぶり。大阪府は343人で、2日連続で400人を下回った。
 また、新たに30代女性2人の変異種感染が分かり、国内の合計は53人になった。2人は17~19日に関西、成田の各空港に到着し、それぞれベトナムと南アフリカに滞在歴がある。2人ともせきなどの症状がある。 (C)時事通信社