新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、東京都の小池百合子知事と都医師会の尾崎治夫会長が26日、都内で意見交換し、連携して接種体制を整備することを確認した。
 冒頭、小池知事は「各関係機関が連携し、スムーズに接種を進めることが都民の安心につながる」と述べ、協力を求めた。尾崎会長は、実施主体が市区町村であることを念頭に「それぞれの地域、環境に合った打ち方を進めていくが、都や国でないと解決できないような問題はバックアップしてほしい」と要望した。
 医師会側は、ワクチンの分配をはじめ膨大な作業が想定されるとして、人的な支援なども求めた。 (C)時事通信社