【ロンドン時事】新型コロナウイルス感染による英国の死者数が26日、10万人を超えた。ジョンソン首相が記者会見で明らかにした。10万人を超えたのは欧州初で、世界では米国、ブラジル、インド、メキシコに次いで5番目。
 政府発表によると、26日に1631人の死亡が新たに確認され、これにより累計死者数は10万162人となった。累計感染者数は約370万人。昨年末に確認された感染力の強い変異種の拡大が、感染者と死者急増の背景にあるとみられている。
 首相は「命を失った一人ひとりに深く謝罪する。(政府の対応の)全責任を取る」と表明。一方、「苦しみと命の損失を最小限に抑えるためあらゆることをしてきた。教訓を学び、反省し、(危機に対処する)用意をする」とも述べた。コロナ危機への政府対応をめぐっては、昨春の第1波時のロックダウン(都市封鎖)導入の遅れや検査体制の不備などが感染拡大につながったとして強い批判が上がっている。 (C)時事通信社