加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、製薬会社の小林化工(福井県あわら市)が製造した「爪水虫(つめみずむし)」などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入していた問題で、厚生労働省と福井県が行政処分の手続きを進めていることを明らかにした。加藤氏は「医薬品医療機器法に基づく処分内容が確定し次第、厳正に処分を実施する方針であると聞いている」と述べた。 (C)時事通信社