【サンパウロ時事】世界有数の富豪として知られるメキシコの実業家カルロス・スリム氏(80)が新型コロナウイルスに感染し、首都メキシコ市内の病院に入院した。地元メディアが27日報じた。
 容体は安定しているという。スリム氏は一族で中南米最大の通信会社を経営。米経済誌フォーブスの世界長者番付上位の常連で、2010~13年版まで4年連続でトップを維持。20年版は総資産521億ドル(約5兆4300億円)で12位だった。
 メキシコではロペスオブラドール大統領も24日に感染を公表。療養しながら職務を続けている。 (C)時事通信社