【ワシントン時事】米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は27日、核戦争などによる世界終末までの時間を象徴的に示す「終末時計」の針について、人類滅亡を指す午前0時まで100秒に設定すると発表した。過去最短を更新した前年から据え置いた。
 同誌は声明で、全世界で1億人以上が感染し200万人以上が命を落とした新型コロナウイルスの流行に、世界が十分に対応できていないと指摘。核兵器削減や気候変動対策で目立った前進が見られなかったことも考慮し、時計の針を据え置くことを決めたと説明した。
 同誌のブロンソン最高経営責任者(CEO)は新型コロナのパンデミック(世界的流行)について、「歴史的な警鐘」と主張。「核兵器や気候変動という文明を滅ぼしかねない真の脅威に、各国政府や国際機関が対応する準備ができていないことを鮮明に示している」と強調した。 (C)時事通信社