加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、英製薬大手アストラゼネカが日本に供給する新型コロナウイルスワクチンの大半を日本国内で製造することについて「ワクチンを国内で生産できる体制を確立することは大変重要だ」と評価した。
 加藤氏は「引き続きパンデミック(世界的流行)に備え、ワクチンの生産体制の整備をしっかりと進めていく」と述べた。 (C)時事通信社