【イスタンブール時事】イスラエルのメディア「タイムズ・オブ・イスラエル」は28日、保健維持機構(HMO)マカビ関係者の話として、国内で接種が進む米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて「92%の有効性を示した」と報じた。
 それによると、イスラエル人16万3000人のうち、2度目のワクチン接種後10日以内にウイルスに感染したのは31人にとどまった。
 ファイザー社は昨年11月、臨床試験(治験)で95%の予防効果があったと発表。実社会において、同様の結果が出るか注目されていた。 (C)時事通信社