厚生労働省は29日、東京都の50代女性から英国で流行する変異した新型コロナウイルスが検出されたと発表した。コロナに感染した都内の50代男性の濃厚接触者で、2人とも渡航歴はない。変異ウイルスの市中感染疑い例は10人目で、厚労省などは男性についても詳しく検査している。
 厚労省によると、女性の感染は、都内の陽性者約1700人の検体を調べる中で判明した。変異ウイルス感染者は、女性以外には公表済みの1人だけで、厚労省の担当者は「現段階では面的な広がりがあるとは考えていない」と話している。
 女性は24日に発症し、27日に都内の医療機関に入院した。不特定多数との接触は確認されておらず、2人とも重症ではないという。
 厚労省は29日、成田、羽田両空港に海外から到着した男女2人からも変異ウイルスが検出されたと発表した。国内の合計は59人になった。 (C)時事通信社