【北京時事】新型コロナウイルスの発生源を調べるため中国湖北省武漢市に入った世界保健機関(WHO)調査団は29日、最初の現地視察を開始した。ロイター通信によれば、この日は感染拡大初期の患者を取り扱った市内の病院を訪れた。調査団は2週間の隔離措置を前日に終えていた。
 調査団の1人は29日、病院で最初の患者の一部を治療した医師らと「詳細にわたりオープンに議論した」とツイッターで明らかにした。
 中国外務省の趙立堅副報道局長は29日の記者会見で、WHO調査団は滞在中、米国などから発生源である可能性が指摘されてきた武漢ウイルス研究所を訪れると明言した。訪問先には、最初に集団感染が確認された華南海鮮市場、武漢市疾病予防コントロールセンターなども含まれる。 (C)時事通信社